読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごった煮ログ

好きをごった煮にしたログです

だんだらごはん1巻感想(?)

 
 
 
 
 
pixivコミックで連載中の私の大好きな漫画、「だんだらごはん」の単行本1巻がついに発売されました〜!!!
 
嬉しさのあまり太字にしました。
わーい!待ってました~!!!イラストカード付きのアニメイト限定版も、無事にゲットいたしました。本当~~~~にキャラクターの表情が魅力的で、細部まで丁寧に描かれていて、控えめな色彩がとっても美しいので、ぜひ現物をお手に取っていただきたいです…!!
 
 
◇表紙
 
春色の淡い色づかいが素敵ですね…!!!はじめさんと沖田くんの周りを舞うまばゆい光のかけらもとっても綺麗です。殿ヶ谷先生の光の描き方が大好きなので、ついつい注目してしまいます。
それから、ちょっとむっとした顔のはじめさんと嬉しそ~~~な沖田くんの表情の違いがもう……!!!見ているだけで幸せな気持ちになる…罪な奴らよ……大好き……
羽織を着るようになった二人が、一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだりする姿を本編で拝める日が今から超絶楽しみです。あと沖田くんちっちゃくてかわいい……!!!
この先巻数が増えてゆけば、他の季節や他のお料理、さらには他の隊士の方々との組み合わせも、表紙で拝むことができるのでは…!?と、期待で胸を膨らませております。是非ともいろんなバージョンを拝んでみたいです。
 
 
◇本編
 
本編に関して語りだしたらキリがないですし、以前ツイッターのほうでちらほら語った記憶があるので(この間ほとんどツイ消ししてしまいましたが…)今回は省略します~。ですが、どうしてもクローズアップして語りたい場面があるので、そこだけ取り上げますね。
 
1話冒頭の、はじめさんがどこかの山奥で一人佇むシーン。
あのはじめさんの衣装と、疲れ切った表情から察するに、もうだんだら羽織を着なくなった頃のことなんでしょうね。
pixivコミックで初めてだんだらごはんの1話を拝読した時は、あのシーンの重みがまるで分かっていなかったのですが(今もそんなに詳しいわけではないのですが、以前は今以上に歴史に疎かったのですよ……。)史実の新撰組の結末を知ってから読み返してみると、胸が締め付けられて…。
(少し余談になりますが、pixivコミックではそのページと1話の扉絵に「絶望の戦場で一人、思い出すのはあの頃のこと…。」「食べるときも 命を懸けるときも 隣にはいつも仲間がいた―――。」というアオリ文がそれぞれついていました。あの戦場で佇んでいるはじめさんの周りには、「いつも仲間がいた」という過去形の文章や史実を考えると、おそらくもう誰もいないのでしょうね。)
現時点では、まだ何とも言えないのですが、はじめさんが近藤さんや土方さん、他の隊士のメンバー、そして沖田くんと満ち足りたさよならをすることは、難しいのかな…と私は考えております。新撰組はいずれ志を違え、近藤さんは斬首され、沖田くんは病気ではじめさんよりもずっと早くこの世を去ってしまう。(史実通りに物語が進んだら、の仮定ですがね…!)
 
けれど、絶望の戦場にたどり着くまでの日々に、小さくてあたたかな幸福が確かに存在していたのですよね。仲間と一緒にごはんを食べて、夢を見て、青春……(というと、恋愛的な意味も含まれるのかな?今のままでも十分楽しませてもらってるので、無理に恋愛要素をねじこんでほしくはないな~と思っているのですが、個人的に沖田くんとお医者さんの娘さんの淡い恋のお話を、ぜひぜひだんだらごはんバージョンで見てみたいな~、なんて思ってます)を経験して。
私は一読者として、彼らが辿る軌跡の中に散りばめられた穏やかで尊いものを、一つ一つ拾い集めながら連載を追いかけていけたらな、と思ってます。
 
 
◇描きおろし漫画
 
 こんなにほっぺたぷにぷにで可愛いのに、夜遅くに一人で出歩いちゃダメでしょ!!!!!!!!
 
 想像以上に宗次郎きゅうさいの破壊力が凄まじかったです。かわいい。超かわいい。お前がナンバーワンだ。2話の回想シーンでショタっ子沖田くんを拝んだ時から、何かしらの形で幼少期のお話を読んでみたいなぁ〜〜〜と実はずっともだもだしておりました。まさかこんなにも早く叶うとは……。
まだちょっと幼さの残る顔立ちのトシさんも素敵ですね…!生意気な感じもたまらんです。近藤さんは今も昔も可愛いお人だ…愛しい…。
そして、まさかあの子まで登場するとは……!!!これは完全に不意打ちでした。沖田くんの心情が、「トシさんや近藤さんと並ぶために、早く大人になりたい」から、あの子と出会ってから別の理由になったのが、もう……!!!
このお話から感じられる淡さや優しさが大好きです。本当に単行本購入して良かった……!素晴らしいお話をありがとうございました…!!
 
 
 ここまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました~!
この記事を読んで初めてだんだらごはんを知った方は、下記のURLをクリックしてだんだらごはんを読んでみてくださいね〜。Amazonのリンクもばっちりご用意しておきました。
 
pixivコミックのリンク→ https://comic.pixiv.net/works/2385
 
単行本(Amazon)→ http://amzn.asia/eVWOkyw
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする