特急列車乗っちゃって

 

 

ネバーランドにも桃源郷にも行ってません。京都へ行ってきました~!(ちなみに本当に特急列車を使いました…笑)

私情を挟みまくりのゆる~~~い旅行レポです。多分参考には…ならないと思うよ…!笑笑

 

f:id:mikoto14708:20180329224554j:image

 京都駅の近鉄乗り場。

 

到着して早々出口を間違え迷子になりました

早い………早すぎるよ…………!!!!!どこ行っても必ず一度は迷子になる。ちなみに神戸へ行った時に、駅から10分ぐらいの施設に1時間かけて到着した伝説持ってますからね、甘く見ないで下さい(???)

乗りたかったのは烏丸口から出発するバスなのですが、ものの見事に八条口(正反対の出口)へ向かって突っ走ってました…!!!南北自由通路が無かったら死んでました。本当にありがとう、南北自由通路………。

 

八木亭 

 

f:id:mikoto14708:20180329224345j:image

 外観。

f:id:mikoto14708:20180329224230j:image

 門のアップ。

 

f:id:mikoto14708:20180329222427j:plain

沖田さんが座ったとされる石だそうです。尊い

f:id:mikoto14708:20180329223300j:plain

 満開の桜!

 

まず最初に八木邸へお伺いしてきました~!

拝観料を支払ってガイドさんに中を案内していただいたのですが、お家の中は風情のある古民家といった感じで、ゆったりとした雰囲気がとても素敵でした!

浪士組(新撰組の前身の組織)が結成された理由や、京に召集された理由などの時代背景に加えて、近藤さん一派と芹沢さん一派が対立するまでの概要や事件の夜の詳細、さらにはその後の大まかな新撰組の行く末もガイドさんに分かりやすく教えて頂けました。

先ほども申し上げたように、時の流れが止まっているかのように感じる穏やかな空間だったので、鴨居に残る刀傷や天井のうっすらとした血の跡から漂う「確かにこの場所で事件があった」という生々しさやえぐさが一層際立っているように感じられました…。

 

お庭にも縁側にもきらきらと澄んだ春の陽の光が満ちあふれていて、ああ~~~ここで日が沈むまで縁側でのんびり出来たら本当に最高の心地がするんだろうな~~~~~…………などと後ろ髪を引かれる思いで八木邸を後にしました。もしかしたら、お忙しい日々を過ごされたであろう隊士のみなさんも、ほんの1日くらいは縁側でゆったりと過ごされた日があったのかもしれませんね…!それはちょっと羨ましいです。笑

帰り際に、元々は八木家の離れ(近藤さん一派が暮らしていた場所ですね~)だったお土産屋さんでお抹茶と屯所餅を頂いてきたのですが、どちらもとっても美味しかったです~!こっちは写真を撮り忘れたので画像は無いです。無念…!! 

 

アニメイト京都店

 殿ヶ谷先生の色紙が飾られているということだったので拝見しに行ってきました~!

先生の色紙を一生で一度は生で拝んでみたいな………と以前からずーーーーーーーっと考えていたので、今回拝見することが出来て本当~~~に嬉しかったです…………………!!!

 

京都店に飾られていたのは画像の右下のはじめさんと沖田くんの色紙でした~!まさかの4分の1の確率で魂捧げるレベルで大好きなW推しを拝めたという奇跡。ジーザス!!!!!!!!

どの色紙も絶対にお美しいこと間違いなしなので、どれを拝見してもきっとたまらなく嬉しいのでしょうけれど、それでも……やっぱり一等嬉しかったです………!!!!きっと私の日ごろの行いが良いから神様が味方して下さったのですね(???)

高い場所に飾られていたことや、色紙に天井の電気の光が反射して綺麗に映らなかったこともあって、残念ながらここにアップ出来るような写真は無いのですが、冗談抜きで………美しかったです………!!!!!!!!!!!!!!!!

ぱっと見て最初に浮かび上がってきた感想は尊い………」でした。もう少し真面目に国語の勉強をしておくべきだった。

どれぐらい尊かったか分かりやすく言い表すと、アレです、フランダースの犬でネロがルーベンスの絵を見た時みたいな感じです。先ほども申し上げたように頭上高くに色紙が飾られていたので、マジで宗教画を見上げているような心地がしましたし、今にも天使が私の傍に舞い降りてきそうな心地でした。

月並みなことばすぎて申し訳ないのですが、超絶……………絵が上手かったです……………。漫画家さんってすごいね。マジですごい。写真を見てもお分かりのように、青と黄色の色彩が鮮やかで透き通っていて、補色同士のはずなのに色味が喧嘩することなく本当~~~~~にさわやかな仕上がりになっていたのですよ………!!!!!

ただ、最後割と本気でアニメイトから離れがたくなったことだけは非常に困りました。あのまま寝泊まりしたかった。

 

 安井金毘羅宮

 

 

f:id:mikoto14708:20180411222522j:plain

 

最後に、悪縁切と縁結びで有名な安井金毘羅宮さんにお参りしてきました~!

写真の通り、鳥居の鮮やかな朱色と、境内の至る所で咲き誇っていた淡い桜の色彩のコントラストが素晴らしかったです…!!!

肝心要の悪縁切なのですが、それはもう………………………これまで自分の中で募りに募っていた恨みをお札にびっっっっっっしりと書き込んで、御祈願してきました。ええ。………うふふ♡

悪縁切の御祈願の方法はシンプルで、願いを書いたお札を持ちながら縁切り縁結び碑の表から裏を願い事を念じながらくぐり、今度は裏から表へ願い事を念じながらくぐって、最後にその碑にお札を貼る…といった感じです。(初めて役に立つような情報書いた!)(安井金毘羅宮さんの公式HPでしっかり説明されております)

自分のお札を貼る際に他の方のお札をチラ見(というか、碑がお札で埋め尽くされていたので嫌でも視界に飛び込みます…)したのですが、縁を切りたい人の名前とそのランキングがびっしりと書き込まれていたり、『不倫している彼氏と◯◯が分かれますように』というシンプルかつかなり怨念のこもったお札があったり…と本当~~~に様々でした。碑の写真は写ってはいけないものが写りそうで怖くて撮れませんでした。

ちなみに神社にお邪魔させて頂いたのは、平日の昼下がりだったのですが、縁切り縁結び碑の御祈願はかなり有名なこともあってか、かな~~~〜〜りの人が並んでいました…!お参りそのものや、お守りやおみくじの購入はほとんど並ばずに済ませることが出来たのですが、御祈願だけは私も30分ぐらいは並びましたので、人が多そうなシーズンや土日に御祈願しに行こうと計画されている方は、あらかじめ並ばないといけないことを心して参拝された方が良ろしいかもです。

 

 

 

 

まとめ

 帰りの電車の中でnikiさんの太陽という曲を聴きながら、「ここにいた数年間が一番新撰組が輝いていた時期だった」と八木邸のガイドさんが仰っていたことを思い出しました。

 

太陽みたいに
眩しかった夢を
忘れてしまうのか
悲しみの果てに
見つめた今 心
大切なモノ
わかっていたような
遠い日のメモリー 

 

新撰組と聞くとどうしても悲しい終わりについて考えてしまいがちだけれど、澄んだ光がたくさんあふれるあの場所で、輝かしい青春を過ごした人たちは確かに存在していたのだと考えると、胸がいっぱいになった。

正直、見知らぬ土地で迷って焦ったり心細さでいっぱいになったり、到着して早々迷子になるアホさに苛ついたりもしました…うん…。

けれど、「京都守護職お預かりの看板を掲げられたことがあまりにも嬉しくて、にこにこしながら日が暮れるまでずっとずっと看板を眺めていた」という八木邸でうかがった沖田さんのエピソードを何度も反芻しながら、車窓から遠ざかってゆく京都の街並みを眺めていた帰り道、もう何もかもがあんまりにも愛おしくなって、京都に来てよかったなぁ、という気持ちが自然と自分のこころから零れてゆくのが分かったんです。

それに、ずっと前から「京都へ行ってみたいけど中々行けない」というフラストレーションが募っていたし、先生の生の色紙も一生に一度は拝みたいな…とずーーーーっと考えていたし、悪縁も切りたくて切りたくてたまらなかったので、今回の旅行でどれも叶えられて本当に満足しました。自分の中の欲求を昇華させるって、心の健康に繋がるのですね…!身をもって学べた。

 

急に思い立って、勢いのまま遂行した日帰り弾丸京都旅行。超今更なのですが、筋金入りの出不精かつ面倒くさがりの私にしては本当~~~~~に珍しい思い付きでした…。笑

また行きたいです、京都。もう一度八木邸へお伺いしたいですし、今度は壬生寺金戒光明寺池田屋にもお邪魔してみたい。今回は桜が咲き誇る春にお邪魔しましたが、他の季節にも行ってみたいです…!個人的に夏のさわやかな景色が大好きなので、今度は夏に行ってみたいな~と考えているのですが、如何せん体力も気力も無いので盆地の蒸し暑さに耐えられるかどうか若干心配です。

あと、母から譲り受けたデジカメを旅行中に試しに使ってみて、写真撮ってる時はそこまでだったのですが、家に帰ってからデータを見直している時めちゃめちゃテンション上がったので、今後はちらほらカメラを使っていきたいな~と思いました!

スマホのカメラ機能も充分高性能で便利なのですけれど、いちいちカメラ機能を起動するのが面倒だし、古い型ゆえに電池が減るのが早いので電源付けっぱなしにしたりあんまり何度も使っているとすぐに充電が無くなってしまうので、今度はデジカメを利用していけたらな~と思います。それか新しいケータイが欲しい…!!!笑

 

 

 

nico.ms

 

さっき言ってた曲、『太陽』のリンクです~!優しくて透明感のあることば選びと、さわやかなメロディが本当~~~に素晴らしいので、ご存じない方は是非聴いてみてくださいね…!!!(ダイレクトマーケティング)

太陽の姉妹曲である指鉛筆も姉妹曲と銘打たれているだけあって最高ですし、prototypeやclose to you、brilliantという曲も同じような系統の曲なので、太陽や指鉛筆をお気に召された方は是非聴いてみてください~!

ちなみに、私のブログでの言葉選びのルーツの一部となった曲たちでもあります。「透明」や「鮮やかな」や「心を潤す」などの単語をよくチョイスするのは、間違いなくこれらの楽曲からの影響です…。笑

 

 

 

よく分からない私情を挟みまくったうえに、何だか最後の方はもう旅行レポでも何でも無くなってしまいましたが、とりあえず書きたかったことを書けて満足です。気が向いたらまた旅行レポ書くかもしれないし…もしかしたら書かないかもしれないです。うふふ。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございました~!みなさん良き推し事ライフをお過ごしください。