読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごった煮ログ

気ままに書いてます

金夜ふぃーばー

https://twitter.com/mkt_silence/status/852864398825709569

 

 ◇

フライデーナイトフィーバーのテンションで感想を書いたらこうなりました。

 特に沖田くんは例え回想でも~のあたりは我ながらテンション狂ってると思う。た、楽しそうで何より…!まぁでも、沖田くんがいつ何時でもかわいいのは宇宙の真理だから是非もないよね!!!(それが言いたかった)

 

今回も本当に、本当~~~~に良い意味で色々思うところがありました。

個人的に、はじめさんが別れ際に沖田くんに挨拶しなかったことに気付いたのがグッと来たので、ここでちょこっとだけ触れておきます。正直あの状況で挨拶してる余裕なんてなかっただろうし、あの一連の流れに納得していたから特に何か言うつもりは無かったんだけどね……でも、でもね…自分で気づいたことそのものに……意味があると思うんですよ……上手く言葉に出来ないのがもどかしい………( ;∀;)

 

 ◇

はじめさんの沖田くんに対する気持ちの輪郭のようなものがはっきり感じ取れたのも嬉しかった。沖田くんの天然ボケでズレた性格に腹を立てていただけじゃなくて、自分の心を何とか支えていたプライドをばっきばきに踏み砕いていった相手だったから、出会った時からもうどうしても割り切れない気持ちがあったんだなぁ。

でも、沖田くんがはじめさんの特定の憎悪の対象になっていなくて本当良かった。あと上手く言えないんだけど、はじめさんがこの件に対して「なんで俺ばっかり」っていう気持ちを持ってることを知って、心底ホッとしたんだ。沖田くんだけを恨むのは多少筋違いな気がしてたし、かと言って何も考えずに「あ~大変な目にあったなぁ」だけであっさり完結していたら、それはそれでえっ!!?ってなるし…。だから、「なんで俺ばっかり」っていうごく自然な感情を抱いていることに安心したんだ。

 

 ◇

それに、沖田くん(もちろん、近藤さんや土方さんも)がはじめさんを信じていたという事実がちゃんと伝わっていたことが判明したのはすっっっごく嬉しかった…!!はじめさんと沖田くんに俺たちの友情はフォーエバー!みたいな関係性は求めてなかったし、(今後の本編の展開次第ではそうなるのも全然OKなんだけど、今の段階では想像できないんだ)かと言ってあんまりにも冷ややかなのはなぁ…折角沖田くんも含め試衛館のメンバーとちょっとずつ打ち解けてきたように見えたのに、あんまりにも悲しすぎるしなぁ…( ;∀;)

だから、沖田くんははじめさんのことを信じてた、そしてその気持ちだけは伝わってた。そのシンプルな事実をはっきりと感じ取れたのが嬉しい。…何だか今日は嬉しい嬉しい言いまくってる気がしますネ!

 

はじめさんも沖田くんも、ちゃんとお互いに気持ちのベクトルが向いてるのに、二人とも微妙に方向がずれていて重ならないのが切ない。だけどそこが良いんだ、この二人らしくって。お互いを怖がっているのは共通してるのに。…なんでそこだけ綺麗にシンクロしてるんだよ!!!!君たち仲良しなんか!!!!あぁもう二人とも大好き。

 

 ◇

また今月も感想(?)を書くことになるとは。だんだらごはん恐るべし…!今回も書いていてとっても楽しかったです。ウケ狙いでも評価欲しさでも何でもなくて(だけど顔も名前も知らないどなたかが見に来て下さっている、という手応えはめちゃくちゃ嬉しいです…!本当にありがとう!)行き場のない情熱をとりあえず何かの形にするためだけに書いている…と言えばものすごくカッコイイですね。だけど肝心の文章がめっちゃ頭悪そうな時点で……うん……!\(^o^)/

こんなことを言っちゃアレなのですが、作品を応援しているのもここで感想をつらつら書いているのも、いわば私のエゴ100%から来る行為です。なので、更新されたら必ず書く!という制約はなるべく作らないようにしてるんです。…そのはずなのに、実は感想書くの楽しすぎて若干辞め時を見失いつつある。(ボソッ)

来月も懲りずに書いていたら笑ってやってください。書いていなくても笑ってやってください。

 

 

広告を非表示にする