ごった煮ログ

細々と書いてます

だんだら10話前編 個人的感想メモ

「だんだらごはん  感想」でググってみたら、このブログがトップに表示されてて度肝を抜かれましたですこんにちは。

 ま、マジか…!たまたまかもしれないけど、めっちゃビックリしました。海にぽーんとボトルメールを放つような感覚で書いているので、その文章がネットの海を流れに流れて誰かの手に渡っているのか…と考えると何だかこそばゆいです。それにとっても嬉しい。

 

最近私の住む地域はだいぶと暖かくなってきました~。というか連日あっついです……

厚手の服を着て行った日に限って割と気温が高かったり、逆にTシャツとペラペラの上着を着て行った日に限って結構肌寒かったり…と、見事に気温のフェイントに引っかかってます。皆さん体調を崩されぬようお気を付け下さい~!

 

◇ 

という訳で今回は第10話…!今回からついに話数が2ケタ目に突入しましたね。わーい!!非常にめでたい!!!これからも末永く、先生の望むペースで、望む結末まで連載が続いてほしいです。

私はな……1話の冒頭のシーンにどう繋がるのかこの目で確かめたい………あとその後のはじめさんもどうなるか知りたい…………

来月は連載1周年ですし(ですよね…?)、夏頃には単行本2巻が発売されますし、応援により一層気合を入れたいところ…!

Web漫画の事情あんまりよく分かってないからアレなんですけど、連載1周年記念センターカラーとか……ありませんかね……?

 

扉絵は八木邸ですね…!人物の描かれた扉絵も大好きなのですが、人のいない風景独特の雰囲気も大好きなので、ついまじまじと眺めてしまいます。月並みな言葉だけど、漫画家さんってすごいなぁ…!一生懸命に作られた作品を味わうの大好き!自分が頑張るのは死ぬほど嫌だからですかね(超絶不器用&どんくさい)

アオリ文も素敵ですね…!歴史がはじまる、って雄大で切ない響きだ…。毎回のアオリ文のまばゆくてこそばゆいテイストがすごく好み。フォントも好き。

 

待ってました…………本編登場3か月ぶり、第8話「みかりやの柚餅子」以来の沖田くんです。

あぁ~~~!!!KAWAII!!!!!キュートネス!!!!!ハッピネス!!!!!!!今日も!!!最高に!!!かわいいよ!!!!!!!!

 

実ははじめさんと謎の新キャラさんロスに陥っていたのですが、2ページ目の沖田くんの可愛さでとりあえず吹っ飛びました。私はこういうやつです。

八木さんにお名前呼ばれるシーンで、他の人たちについても色々と書きたい気持ちは山々なのですが、それをやり始めたら10000文字余裕で超えそうなのでやめときます。

当方沖田くんとはじめさん贔屓の箱推しです。なので誰がソロでも、もしくは誰と誰がペアやトリオになってもテンション上がるので全部書ききれないんだよねあはは~~~!!!(言っちゃった)箱推しって業が深いな……

 

 

話の流れに沿って、感じたことを箇条書きで。

・さらっと違う宿にいる新見さんに笑いました。つっかかる佐之さんに震えながらもストップかけている藤堂くんは、ほんと試衛館メンバーの宝だ……大事にされるべき……!

 ・芹沢さんのファイヤー事件、だんだらではクローズアップされないのかな…?と思っていたのですが、そんなことありませんでしたね!近藤さん…マジ乙でした………

 ・永倉さんと芹沢さんのペア、良いなぁ。「鴨」「新八」呼びとかお互いのぞんざいな態度にグッときました。

  ・沖田くんが…すごく常識人です……

江戸ではじめさんを振り回しまくっていたのなんて芹沢さんに比べればかわいいものだったんですね…(遠い目)冷静に現状を分析しているトシさんは流石です。そうか、そういう可能性があるのか…。馬鹿だから言われるまで気づきませんでした!あはは!

あと、とりあえず沖田くんが一秒でも早くはじめさんに会いたがっていることはよーく分かった。今のままだと、会えたら会えたで月9ドラマのカップルみたいな両片思いのすれ違いが起こるんじゃないか…なんてこっそりと考えているのですが、どうなのでしょう。それはそれで楽しみだし、そうじゃなくても楽しみです。二人がいつか一緒に輝ける日が来ますように…!

 ・芹沢さんがいっそ完全なる悪役だったらなぁチクショウ………!!!

傍若無人な面もあるけれど、それと同時に、頭が良くて腕が立って子供に優しい面も確かに存在するんだ。どのキャラにもダメなところがあって、それと同時に信念や良いところもあって、誰のことも善悪で判断できないと思うんだけど、芹沢さんはその真ん中を行くキャラだと私は思った。も~~~~今後が気になって仕方ないキャラがまた増えちゃったじゃんか……幸せ………(?)

願わくば断酒が成功して平和な日常を過ごしてほしいんだけど、何だか……一波乱ありそうな予感しかしないYO……!!!

  ・芹沢さんを止めようと即座に動いた藤堂くんと源さんはほんと良い人だと思います(真顔)

 余談なのですが、最近、藤堂くんを見るたびに「あ、ヒロインだ…」ナチュラルに思ってしまいます。その…別に女々しいっていう意味じゃなくて、ただひたすらにかわいいのよね。~ちゃん呼びも最高だし、かわいいのに一人称が俺なのもグッとくる。永倉さんは小柄でふわふわしたかわいらしい見た目と、男前でバッサリした性格のギャップが好きです。勝気そうなたれ目バンザイ。

 ・そしてまさかの宗次郎きゅうさい(推定)  再び………!!!!

ウッウッ会いたかったマイプレシャス………金曜の夜の疲れ切った心を癒すエンジェル降臨……;;;;と言いたかったのですが(もう言ってる)、ボロボロの袴や元気のなさそうな表情を見て一瞬固まってしまった。あああああ…。近藤さんが信じてくれたこと、受け入れてくれたことが涙がにじむぐらい嬉しかったんだなぁ…と思うと健気すぎてもらい泣きしそう。

近藤さんからもらったあたたかいものが、宗次郎くんの心に光を導いた。それが今の沖田くんの笑顔、そして1話で何気なくこぼしていた「近藤さんに幸せになって欲しい」という言葉につながってるんだ。合点がいった…

ここんとこ……もうちょい詳しく……!!!!!(必死)

 ・近藤先生が芹沢さんを‘‘あきらめたくない”と~のコマの沖田くんの横顔が、美しくて震えた。顔の造作というよりは、意志を感じさせる、静かで凛とした表情そのものという意味合いの方で。

沖田くんの信念のルーツを垣間見れて嬉しい。前に私はブログで沖田くんの思想の軸は他人にあるって書いたけど、それは決して自分の軸を他人に委ねてるフラフラした人、という訳では決してないんだ。このコマを見てはっきりそう感じました。

近藤さんからもらった光、試衛館でのあたたかな思い出が、沖田くんの心を支える大切な糧となっている。その糧の価値を理解しているから、「近藤先生の力になりたい」という自分の意志を持っているから、前を向いて歩いて行く。あぁ~~~~尊いよ~~~~~~!!!!(死滅する語彙力)

 ・トシさんの、まぁかっちゃんの言うことならしゃーねーなもう…みたいな表情ににんまりした。悪態ついても、何だかんだで近藤さんと沖田くんには甘い土方さんが好き。

じゃあ好物をお出しするのは~のコマの沖田くんに関しては、はい かわいい~~~~~!!!!!以外の感想しか思い浮かびませんでした。

世の中には好きなものを最後にとっておくタイプの人もいるんだぜ…って一瞬思ったけど、こんなにかわいい子にそんなこと言われたらうんうんそうだよね!!!!!しか言えない。すべてを許せるかわいさ。立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花……

 ・お腹すいてる時にこの漫画読むんじゃなかった…って本気で後悔しました。殿ケ谷先生の画力が炸裂しております。やめて…つやつやして美味しそうなおかずとか今の私にとっては毒でしかない……玉子焼き食べたいよぉ………!!!!

なるほど、「 かけ」という名前の食べ物があるのですね。タイトル見た時に、あれ?今回から食べ物縛りのタイトルじゃなくなったのかな?なんて思ったのですが、見事に違いましたね。美味しそう~!

わくわくしてる山南さん超かわいい………山南さんの知的で品のあるお顔立ちも良いし、笑うととってもかわいいのも良い。

 

 ◇

次回について諸々箇条書きで。

・沖田くん、玉子ふわふわですら危うかったのに、かけなんて高度そうなお料理作れるのか…!!?トシさんのヘルプという名の主戦力が必要なんじゃないか…!?

・肝心の芹沢さんはちゃんと食べてくれるのかな…!?そして断酒は成功するのかしら…?

・夜にある大事な話し合いって……もしかして……

ギブミーはじめさん!!!&謎の新キャラさん!!!(ロス復活)

 

6月9日の更新がすごく楽しみです…!メディアミックス展開もまぁ…期待したいけど…無理に広げるよりは、とりあえず原作をしっかりこのペースで続けて貰えればなと。この前と意見変わってるじゃねーかというツッコミはなしでお願いします。