メロウ・ブルーのつぎはぎ

とびきり素敵なこれからと最後を見せて

推しさんへのお手紙に関する30の質問

 

はてブロやってたら一度書いてみたいよね(???)、お手紙に関する記事!!!

…という訳で書いてみました~。

 

kwisnmkt.hatenablog.com

 

(素敵なテンプレお借りしました、ありがとうございました…!)

 

私はご存じの通りだんだらごはんという作品のファンなので、この場合の推しさんは原作者さん…つまりは殿ヶ谷美由記先生になります!

とっっっっても素敵なイラストや漫画を描かれるうえ、めちゃめちゃファン想いでファンへの対応が神がかっており、さらにSNSにアップされるお写真や文章がほわほわ癒し系でかわゆいという神のようなお方なのでみなさんぜひ先生のツイッターをフォローして下さいね♡(宣伝)

 


1.初めて渡した手紙を覚えていますか?

確か単行本1巻が発売された時だったはず…!本当に本当~~~~~~に嬉しくてたまらなかったし、「この物語を最後まで見届けたい!」っていう思いが私の中でどんどん膨らんでいって、その気持ちをほんの少しでも作品の未来につなげることが出来たらな、と考えるようになり自分でアクションを起こそうと思ったのがきっかけでした。


2.封筒、便箋にこだわりはありますか?

どれにしようか迷っているうちにやっぱりもう書かなくても良いかな…と気持ちが萎んでしまうのを恐れて、これまではあえてあまりこだわらないようにしていました。笑 

今はやっと手紙を書くことに慣れてきたので、封筒や便箋の柄を気にするようになりつつあります。シールやマステももっとこだわりたい…!

f:id:mikoto14708:20180329214335j:image

(最近このモロッコタイルのの便箋がお気に入りです。鮮やかなブルーがとっても綺麗なのですよ~!私自身青がものすごく好きなのと、新撰組に関する作品ということもあって、ついつい青系を選んでしまいがちです)

 


3.便箋何枚くらいの手紙を書きますか?

3枚が多いです。多い時は5枚かな…。

 

4.手紙を渡す頻度はどれくらいですか?

漫画の連載が大体月に一回なので、手紙を出す頻度も大体月一です。


5.マチソワ間での手紙は書いたことがありますか?


6.下書きを作成しますか?

今までは作成しない時もあったのですが、最近はずっと作成してますね~。そうじゃないとただでさえおかしい日本語がさらにおかしくなってしまうので。


7.下書きをする場合はどのような形式ですか?

iPhoneのメモです~!

 

8.下書きまたは手紙の文章を考えるタイミングはありますか?

漫画を読み終わった後や電車の待ち時間、通学時間などに考えることが多いです。iPhoneのメモだと思いついた時にぱっと書けるから超便利。


9.下書きまたは本書きの履歴は残っていますか?

抹消してます!!!!!!!!!


10.便箋に文字を書くタイミングは決まっていますか?

全然決めてないです~。でも自分のこころに余裕がある時に書くことが多いです。笑


11.手紙を書きながら予定していたことより文章が増えることはありますか?

あります。けれど文の量が増えるとやっぱりぐちゃぐちゃになってしまうので、最近はそれなりに削るように心がけています。


12.時節の句や締めの句など手紙の様式に沿った書き方を心がけたりしますか?

してませんね~。暑い日々が続くのでお体ご自愛下さい、とか、寒くなってきたのでお体にお気をつけて、とかは毎回書いています。


13.書かないように気を付けていることはありますか?

批判的な内容は書かないように心がけています。(今のところ特に無いのですけれどね)


14.これは必ず書いているということはありますか?

手紙は編集部の方も読まれるそうなので、毎回毎回先生が納得できる結末を迎えられるまで連載が続けられるようアピールしまくってます…!!!私が手紙を送っている理由はそれなので。あと必ずという訳では無いのですが、画集と設定資料集がめちゃめちゃ欲しいので時々書いてます。


15.宛名に「~~へ」や「Dear」、「To」などは書いていますか?

書いてます~!「殿ヶ谷先生へ」か「殿ヶ谷美由記先生へ」の二択です。ちなみに毎回先生を付けるのは、ひっそりとしてはいるのですが私なりのこだわりです…!(*´▽`*)


16.手紙本文の書き出しで名乗りますか?

 いいえ。自分の存在はなるべく抹消してます♡封筒には一応礼儀として書いてます。

 

17.手紙本文の書き方は敬語ですか?

全て敬語です~!タメ口なんて一生無理です………。


18.手紙の中に推しの名前はどれくらいの頻度で出てきますか?

 先生、という表現であれば時々。お名前に関しては全然。でも推しキャラたちの名前はばんばん出てきます。笑


19.手紙の中に好きという単語はどれくらいの頻度で出てきますか?

割とよく使います。でも何故か好きより素敵の方が多いです…不思議。


20.手紙の中に必ず入れてしまう自身の癖のような文章はありますか?

「とっても」と「本当~~~に」と「素敵」と「思いました」はこれでもか!と言うほど使いまくってます…。もっと語彙力が欲しい!!!(涙)


21.便箋にページ番号は振っていますか?

振ってます~!余談なのですけれど、

 

f:id:mikoto14708:20180320163446j:image

 

最近は堅苦しさを少しでも打ち消すために画像の子に言わせることが多いです(ちなみに名前はうごうごちゃんです)。キャラのイラストを描けたら一番良いのにな~とは思うのですが、御覧の通り絵心が無いので断念しました。苦!!!!!!

 


22.本文最後に自分の名前以外に書いていることはありますか?

無いです。

 


23.最推し以外に手紙を書くことはありますか?

全然無いですね…!書きたいなーと思うアーティストさんは何人かいるのですが、私はアウトプットすることがあまり得意でないので、今のところ先生以外の方にリソースを割けそうにないです。


24.最推し以外への手紙の頻度はどれくらいですか?

漫画の連載が月に一度なのでそれに合わせて月に一度送っています。


25.下書きを読み返すことはありますか?

 送る前に読み返すことはありますが、送った後は速攻ゴミ箱行きです♡


26.読み返した下書きについて手紙や別の形で推しに報告することはありますか?

 無いです…。そして忘れます。そのせいで、先生から頂いたお返事を読んでようやく書いた本人が内容を思い出すという謎シチュエーションが多々発生しています。(先生本当にごめんなさい!!!)


27.手紙を書いている上で自身が変わったなと思うことはありますか?

もっと良い文章が書きたいと感じるようになったこととか、ことばに対するアンテナを以前よりも張るようになったことですね~。


28.手紙について推しから言及されたことはありますか?

とても丁寧でファン想いなお方なので、毎月届いた手紙のお写真をツイッターにアップして報告して下さっています。それを見て、「よかった、ちゃんと届いてるんだ」って安心できるので大変ありがたい。あと先ほども申し上げた通り、ご本人からのお返事でいつも手紙の内容に触れてくださってます……恐縮すぎる……。


29.手紙に書けないけど伝えたい想いはありますか?

 特には無いです。


30.自分の手紙と推しについて語りたいことをどうぞ

小学生の読書感想文みたいな手紙だけど、1話でも長く連載を維持するための手助けになっていれば幸いです!!!!!!!これからも応援し続けるので、私にとびきり素敵で幸せな物語の終りを見せて下さい!!!!!!!!!!!

 

こんな感じでしょうか………。

私は、推し事に対するモチベが燃え尽きるまでは「なるべく長く続ける」ことが何よりの目標なので、こだわる部分を決めてあとは割とざっくりだったり…と自分で色々調節しています。なので、隅から隅までがっつりこだわってファンレター書かれる派の方は全然参考にならないかもです、申し訳ない…。(先ほども申し上げたように、私はこだわりすぎるとここもそこも気に食わない!ってなって結局手紙出すのを辞めちゃうタイプなのですよ…!)

ちなみに先生はお手紙が好きなことを公言してらっしゃいます。なのでオタクとしてはとっても送りやすいです…!あと嬉しい!!

先生へのツイッターのリプでも感想はお伝えできるのですけれど、それだとどうしても編集部さんに伝わり辛いのですよね…。連載をどうするかコミックスの刊行をどうするのか決めるのは編集部さんなので、編集部さんに伝わっていないとこちらがアウトプットする意味が半分くらいごっそり削られてしまうのですよー!!!先生に喜んで頂けるのも充分嬉しいけれど、それをなるべく今後に反映して頂きたい…!!!!!!

あとリプだとぶっちゃけそこまで作品に情熱を注いでいないであろうユーザーさんと自分が同列に並んでしまうので、それがどうしても受け入れられないのですよね。(心狭い) いや本当誰からもリプ来てないよりは全然良いし、その方たちを否定するつもりは全く無いのですけれどね………。でもやっぱり私は82円の切手と言うお金払って、初めて先生にじっくりとこちらの感想を聞いて頂けるファンレターという手段の方が落ち着くので、リプじゃなくてファンレターを送ってます。これは本当に人それぞれだと思う。

 

ファンレターって界隈によって書き方も書く内容も異なってくるのでしょうし、それぞれのオタクの個性によって便箋や封筒のセンスやことばの選び方も違ってくると思うので、いつか他の方のファンレター事情やこだわりをぜひゆっくりと聞かせて頂きたいです。